スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
アニメーション


BSのアニメが結構見れることに気付き
どしどしと録画をしています。

1本30分といえど録画が貯まるとなかなかの時間量なので
追い付かないのが最近の悩みです。

週末の深夜がどうも熱くてブルーレイはフル稼働ですね。

エウレカセブンAO
アクエリオンEVOL
宇宙兄弟
ZET MAN
しろくまカフェ
坂道のアポロン

書き出すとそうでもないか。
でも週に3時間ずつ貯まるし、
もちろんアニメだけ録画してるわけじゃないので
それだけの時間を確保しないといけない計算になります。

生粋のテレビっ子です。
っていう報告です。

アニメの世界ってほんと面白い。
分析能力は長けてませんので御託は並べませんが
異次元だけど現実の大人が持つ少年少女の気持ちをくすぐります。

年をとってきて心の若返りが始まってるのでしょうか。
まだ早いで。

最近はたまたまなのか
周りに同じ嗜好の方が増えてきていて
それはそれは嬉しい限りです。

ヲタクの世界は想像以上に深いので自分なんてぺーぺーですけど
日本の誇れる文化だと力強く思います。






| テレつぼ | comments(0) |
神本



テレビの話をすこし。

有吉とマツコのバラエティー番組に
新三大「○○」というコーナーがありますが
これがほんとに面白い企画なんです。

今までのテーマで私が見たのは、

北斗晶、ダルビッシュ、伊藤みどり、ジャッキーチェン、松下浩二、
田児賢一、舞の海、近鉄バファローズ、必殺シリーズ

ほとんど見てますね。
このような人や物の三大映像を見せてくれるのです。

そして先程見たのが古賀稔彦。
忘れもしないバルセロナの金メダルです。
熱く甦ってきて時間を越えて感動してしまいました。

スポーツものが多いのは
人が起こした奇跡だからでしょうね。
胸を熱くするものがあります。
ちょっと頑張っちゃおうかな、とこんな私でも奮い立たせてくれますから。


それから最強の朝ドラ『カーネーション』
主役交替しちゃいましたが、
かーなーりー面白かったです。(まだ続いてるけど)

初期の頃のお父ちゃんとの掛け合いは最高でした。

朝ドラ史上最高傑作!


そしてそして『最後から2番目の恋』の中井貴一にめちゃはまっています!

貴一様ブームきてます!!

あの御方の演技はちょっと群を抜いてますね。
自然にも程があるっ。

お上手なのは知ってはいましたけど、
この役どころのちょっと情けなくて照れ屋でたまに嫌味っぽくなる雰囲気。
愛おしすぎます♪

もう18年にもなる愛読書。
『TV Bros.』は私のバイブルであり神です。





| テレつぼ | comments(0) |
中村主水に、捧ぐ



今日の21時~ABC放送にて
『必殺仕事人2012』待ってました!!

2009シリーズなど再放送を最近してましたので
準備運動は万全ですよ。

楽しみすぎてえづくくらい待っておりました。

ただ、もう私の好きすぎる主水は絶対に現れてきません。
ちょうど2年前のおとつい、中村主水こと藤田まことさんは亡くなられました。
未だになかなか受け止められない現実で
2010の放送からは、このことを思うだけで心がギュっとなります。
涙がこぼれおちそうです。

復活した時の新シリーズはジャニーズだらけのキャストで
最初は聞いただけで難色を示していましたが
ヒガシ演じる渡辺小五郎が最強にかっこよくて
やはりすぐさま虜となってしまいました。
関ジャニの大倉君もなかなか良かったのですが、
大人の事情でまさかの殉死。
これはちょっと残念でした。

主水の渋さは秀逸で特別です。
でもちゃんと受け継がれ
これからも必殺シリーズが続くことを切に願っています。

数少なくなった時代劇を牽引していって欲しい。
(クリアな映像は違和感ですが)

そろそろ主水の死を受け止めないとなぁ...。
藤田さんは主水をまっとうされました。


八丁堀、ありがとう。





| テレつぼ | comments(0) |
太陽キャラ



昨日は夜が更けていくにつれて
キンキンに空気が冷えているなぁと。

帰宅を急ぐ車のタイヤの音が
閉め切った窓の外からガリガリ聞こえてきます。

星も瞬く夜空は何とも危険なもので
溶けかけた雪がつるつるに凍っているのです。

そんな時間に外出した私は
低速のエンブレでゆっくりと運転しました。
モリモリ雪なんかより、これが一等怖い!

また今日から強い寒気に向かうそうで
雪国の洗礼を受けることとなりそうです...。
地震と大雪。
神様に直接お願いしたい。


こんな夜中ですが、
最近実はじわじわとはまっているドラマがあります。

台湾ドラマの『パフェちっく』
原作はお決まりの日本少女漫画です。

台湾の俳優さんが勿論演じておりますが、
不思議と役名が日本名....。
舞台は日本という設定なのかな。
詳しいことはちょっとアレですが、
たまたま知らずに初回を流し見していて
また2話目も偶然流し見をしていて
そんなこんなで毎週見ていることに気づきました。

展開がものすごい早いのと、
主役の女の子の気持ちが全部台詞化されてるのがわかりやすい。

日本やアメリカドラマは
気持ちの台詞化はほぼないですよね。
それを表情や音や演出や組立などで表現させているように思うのですが、
台湾ドラマは細かいところが一切なく(笑)
その子の気持ちと男の子とのやりとりのみで展開していきます。
読み取る能力とかは必要なく楽しんで見れます。

夜中は考えすぎて深みにはまる傾向のある私には
ちょうど良いテンポのドラマかな、と。

で、いつも思うのですが、
台湾ドラマって
異常にテンションの高い女の子が主役のことが多い気がします。
台湾では太陽のような明るい子がモテるのでしょうか。
日本でいう『温泉へ行こう』の薫や、
『ナースのお仕事』のいずみちゃんのようなキャラです。

なんて思いながら
今となっては次の放送に待ち遠しさを感じています。


あー。
今日もまたこんだけ積もるのかなぁ。
現実はそんなにキャピっていられないんだけどねぇ。






| テレつぼ | comments(0) |
full moon movie



『アヒルと鴨のコインロッカー』

やっと観ました。

やっと、というのも

レンタルビデオ屋さんで目に入るたび
借りよっかなーと思いを馳せ続け
いやいや、
理由があって借りられなかったわけではないから
馳せたのもなんか違うんだけど、
自分の風のふきまわしが主な原因で
何年か越しの小粒の欲望を叶えたということです。

ほんとのところ
レジカウンターヘ行った時には
これは手に持っていなかったのですが、
旧作でしたらあと1枚借りられてもお値段一緒ですよ
と店員さんがおっしゃる。

あ、じゃあ、と
急いで手に取ったのがこれでした。


どーでもいい借りた経緯はよしとして
なるべく頑張りますが
ネタバレが含まれるかもしれないので
ここから先はご注意下さい。


途中、急に切なさに襲われ始め
一本に繋がったときには
心臓がぎゅっと掴まれるストーリーでした。

『それでも、生きてゆく』で
実は、瑛太の演技に魅了されていたところ。

あまり瑛太作品を見たことなかったので
この度のドラマで
毎回引き込まされる素晴らしい演技に、
今までよりももっと好きになりました。

そんなリアルタイムの要因もあってか、
映画での演技がとてもよかった!

以前からちゃんと実力を持ってる俳優だったとわかりました。

よくドラマである
ただ立ってるだけでかっこいい、的な
キャスティング背景はもったいないな、と。

そして、この映画の最たる魅力は
ストーリー構成なので
ほんと何も言えません。

後味は人によっては
引きずるものがあるのかも。

私はボブディランの脳内BGMをかけながら
たくさん考えてしまいました。

悲しくて切なくてやるせなくて。

満月の夜だから、
輪をかけてのめり込んでいます。

ドラマも佳境ですね。


アヒルと鴨のコインロッカー



| テレつぼ | comments(7) |
アタックチャンス



アタック25は同級生。

休養されてからあのアタックチャンスが見れなくなって
すごくすごく淋しく思ってました。


児玉さんの訃報に心痛です。

あとは華丸に託す!

御冥福をお祈りします。


imgda3613e0qhok71.jpg



| テレつぼ | comments(0) |
雑談



なんだろう。
なんでだろう。

わっかーい頃から見てるのに
なぜ今頃。

コロッケのモノマネ見たら
腹抱えて笑っちゃいます。

特に
岩崎宏美と野口五郎。

どーでもいいですか?
どーでもいいですね。

モノマネは突出して似てなくても
おもしろければいい、とう持論です。

微妙に似てないのにおもしろくもないのが
見ていて一番しんどいです。

神無月とか関根さんとかぐっさんとか清水みっちゃんとか
愛するがゆえここまでやっちゃいました、的な
モノマネをする方が好きです。

それから
RG&椿鬼奴のバービーボーイズは
最初見た時は腹がよじれそうになりました。

プラスマイナスと
指圧野郎のネタは
爆笑まではいかないけど
似ているのでオモローです。

そういえば、
ジャリズムの山下がオモロー山下に名を変えたそうです。
相方が落語家転身しちゃいましたからね。

すんげ〜BEST10とかではジャリズム面白かったのにね。

相方と言えば
元モストデンジャラスコンビのケンコバの相方、
村越が吉本に復帰して一発芸で頑張ってます。

って
もういいですか?
もうよさそうですね。


image089.jpg



| テレつぼ | comments(2) |
ガラスの十代


今日、史上最強アイドルのベスト50みたいのを
テレビで見ながら
晩ご飯を作っていましたが。

これがかなり懐メロ的な要素が満載で
光GENJIで鼻歌まじりとなり
なぜか宮沢りえでダンスまじりとなり
風見しんごの時にはついに
テレビの前でかぶりつきになっていました。

テイカチャンス。

そしてチェッカーズの時は思い出にふけっていました。

私のアイドル歴は
ピンクレディー→中森明菜
くらいしか覚えてないですが
あまり男性に目がいかなかったようです。

光GENJIの頃より前から
ローラースケートやってましたが、
みんなのあまりのフィーバーさにまかれて
ファンのふりしてグレードアップしたローラースケートを買ってもらい
そんなに好きでもないのに
友達と同じ、かぁくんのプロマイドを買ったりしました。

今考えるとしょーもない。
けど、転校生の子供なりの生きるすべだったのかも。

壊れそうなものばかり集めてしまっていました。

ただローラースケートを楽しみたいだけなのに。


昔のアイドルは歌が上手。

女優業と歌手業の両立が認知されてきた頃は
テレビで歌ったらダメでしょ!
くらいのひどい歌唱力でした。

でもドラマとセットで脳裏をめぐるものだから
盛り上がっちゃったじゃないですか。

晩ご飯が遅くなったじゃないですか。


あー。年とった。


↓そうそうこんなやつだった。

16.jpg

| テレつぼ | comments(0) |
猛暑対策


『うぬぼれ刑事』があまりにおもしろいので
幾度となく繰り返し観る。

猛暑を吹き飛ばす勢いです。

なんてハイセンスなんでしょう!

キャラの濃さが盛り沢山すぎて、何が何だかお伝えできません。

長瀬とクドカンタッグと聞いただけで
もう脇が踊ってしまうくらいのワクワクだったから
ハードル上げすぎかと思いきや、
期待を逆裏切りするおもしろさに乾杯。

2話目のへべれけ良々でピークに達しました。
良々の演技がレベルアップしてます!
食ってかかる勢いです!

木更津キャッツアイと
タイガー&ドラゴンには
僅差で劣ってしまうけども
近年のドラマ界を敢えて見渡さなくとも
コストパフォーマンスはピカイチ。
ニトリを超えると思います。

ニトリには行ったことないけど。


演出がクドカンの回は、
輪をかけて細かいとこに笑いが散りばめられているので
くまなく拾うために何度も観てしまいます。

よくばり演出家です。


最近、笑いすぎると肩がつるので注意が必要ですが、
この暑さを吹き飛ばしてくれるなら
肩がつる方を選ぼうと思ってます。

猛暑対策は笑うのが一番です。

ラブラブ エッサイム!


(誰か共感してくれませんでしょうか?)
| テレつぼ | comments(2) |
深夜枠


今年はベランダに4匹も
ほたるがやってきました。

暗がりで見ると
蛍光グリーンにパープル?
初号機カラーです。

というのも、
ロケみつという関西ローカル番組にはまってます。

アスカのモノマネでご存じ
稲垣早希ちゃんのブログ旅がかなり人気のようで
早希ちゃんかわいいし
カメラマンのSっぷりが最高のスパイスになってます。

もちろんそれも好きなのですが
更に楽しみにしているのが
別のドミノ企画。


犬の『先生』
さるの『キャプテン』
鶏の『監督』(現在は合鴨の『たつお』)

と同部屋の中、
ドミノを完成させなければならない『岡田桃太郎』。

このお供たちの予測不可能な邪魔っぷりにツボ。
踊る大捜査線のBGMにツボ。
もうひとつの岡田JAPANです。


深夜ローカルならではの地味さとシンプルさですが
サディスティックな企画内容と
よいさじ加減で作り込まれていない生ぬるさが
素晴らしくおもしろい。


こんな類の番組が好きな私にとって
お気に入りのバラエティーが
どんどんゴールデンに進出していく寂しさったらないんです。

大人の事情、制作側の意見なんて聞きたくないっっ。

豪華なキャスティングに頼り
枠にとらわれて作り込まれたセットに企画。
ゴールデンに移行しておもしろくなったと感じた番組は
記憶にないなぁ・・・。

作る側と見る側、
複雑なとこですが
ぜひとも現状維持でお願いします!


ちなみにこの番組は、
ブログにコメントが1000件以上こないと
放送がカットされてしまうため ちまちまコメントに精を出しています。

コメント 発進!


| テレつぼ | comments(0) |