スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
キングダム2012



2012年、明けました。
本年もどうぞ宜しくお願いしまっす。

さて、この度の正月は何年ぶりかの雪なし。
そして熱なし。

いつも大雪と高熱に阻まれていましたが
今年は大量の漫画と過ごせることができ、
嬉しく思ってます。

今年からNHKでアニメ化される
『キングダム』に夫婦ではまりました。

大戦争時代の秦(中華)の国を舞台に
ある少年の夢、天下の大将軍を目指すお話です。
背景には国同士の戦い方はもちろん、
軍師の戦術、将軍たちの個性ある生き様など
熱い男気溢れるものがあり
我慢出来ずに次巻をとってしまう深追いタイプの。
やめられないとまらないタイプの。

日本の戦国時代にもあることですが
弱い者は生き残れない時代に生きてたら
間違いなく私なんて即死です。

死を美化しがちですがそうではなく、
やはり生きることに重きを置くからこそ
決死の覚悟で戦うのでしょうね。

今の時代にいることでリアリティは全く感じませんが
やる気のみなぎるストーリーとなっています。

2012年の幕開けにがっちり相応しい。

ということで、
暴走気味に頑張っていきます!

ATフィールド突破!


怪鳥 王騎将軍 『キングダム』より




| よみもの | comments(0) |
快感



ドラゴンヘッド全10巻
300円

ただ懐かしさとバリュー感に魅了され
セット買いしました。

望月峯太郎のシリーズでは
『鮫肌男と桃尻女』が好きですが、
映画化された時は小日向しえに虜になりました。

しばらく読んでなかった漫画を
すこし大人になった今
どの角度から受けとめるんだろうって
わくわくする。

装丁の色づかい、好きだなぁ。

それから、
背表紙がずらっと整列した時
得体の知れない高揚感に襲われるなぁ。


image116.jpg



| よみもの | comments(0) |
NO ANIMATION,NO LIFE



極めて数少ないサブカル仲間から
アニソンCDをもらいました。

そのCDには
3大フェイバリットなアニメの曲が連チャンで入ってまして、
気分が高揚しまして、
思わず想定外のドライブをしてしまいました。

今日からヘビロテ。

かゆいとこに手が届くような
ピンポイントな贈り物を
いつもありがとう。

言葉にすると何mmかずれるなぁ。

私の信条は
『言葉はいつも心に足りない』


112152336264.jpg



| よみもの | comments(0) |
グリーンぺぺ



雨ばかりで、
ケロ公たちは喜びをめいいっぱい表現しておられます。

のどかな音。

似付かわしくない内容となりますが、
純真さとあざとさがまみれているキャラクターが
多数で濃厚すぎて、
帯にもあったように
まさに胸焼けしそうです。

こうゆう世界にもし私がいたら
私の汚れた心も浄化されるだろうか。

いや、見失うくらいゴロゴロと
正論という名の悪の巣窟に転がり落ちるかも。

グリーンぺぺとは、ヤコウタケのことです。

テケテケ★ランデヴー2巻
絶賛発売中


image117.jpg



| よみもの | comments(0) |
リコメンド2



漫画原作の映画化が
どうも旬ですね。

『岳』も
『宇宙兄弟』も小栗旬で決定。

旬が旬。

両者とも人気作品ゆえベタですが
心の熱くなる良い漫画です。


このたびは『宇宙兄弟』について。

宇宙好きな方は世の中にたくさんいて
でもまだまだ現実には到達してない夢として捉えがちです。

夢と現実が交錯する兄が
純粋な弟に惹かれるように宇宙への想いを再燃し
がっつり現実化していく話。

『だが、兄は知る。
人間を宙(そら)に打ち上げるのは人間だと!』

読んでて気持ちがすかっとします。

この漫画、
装丁がラメってるんですが
これは宇宙のイメージなんでしょうか。

それと11巻の限定版には
ホワイトパズル(無地)の付録がついていて
これは宇宙飛行士の適性検査に
実際に使われたものらしいです。

イライラしたらダメっちゅーことです。

宇宙飛行士さんはかなり優秀だと思ってましたが
これを読むとそれだけじゃなく
宇宙に行ける人って
限られた、人間力のある人なんだと知りました。


ところで、ムッタ役の小栗旬は
パーマをかけるのかどうか
非常に気になるところです。

ぜひチリチリで!


image079.jpg



| よみもの | comments(2) |
リコメンド



たとえば脇侍

三尊形式の仏像で
中尊の両側に
安置されている菩薩

そんな存在がいい


なんてくすぐられる想い。

ゆっくりゆっくりと変化するだろう話に
私はどっぷりと浸っています。
(待ってました)

弓を引いたこと、
たった一度だけあるけど
ちょっとお遊びな感じで引いたことを
今では申し訳なくも思うほど
神聖なるもの。

知らない世界を知っていく楽しみ。

まぁ仮想の世界だけど。

三度の飯より漫画が好きです。


『花に染む』
2巻絶賛発売中。


image077.jpg



| よみもの | comments(2) |
どこか遠くへ・・・


湯に長時間つかるのが
まったくもって得意ではないので、
それでも半身浴を決行しようとする時は
活字本を持ち込みます。

マンガは湿気にさらしたくないけど
活字本はなぜか痛んでる雰囲気をも良しと判断するゆえに
中古で買いだめたものを
ひっぱりだしては時々読んでいます。

だいたい3回に1冊で読み終えます。

このところ、
軽めのビジネス本やハウトゥー本がメインでしたが
久々に小説を読みました。

中学生の頃に読んだ、
キッチン、TSUGUMI以来の
吉本ばなな作品。
『哀しい予感』

100円中古本は
たいして普段読みもしないのに
在庫を増やしてしまう癖があり
自分でもなぜこんな行動を起こすのか
困惑気味でした。

でも、本を1冊読み終えると
良くも悪くも感情をかきまわされ
他人の言葉が否応なくすっと入り込み
何かをひとつ蓄えた気持ちになります。

この体験を
実は幼少の頃から味わっていたのだから
本をつい買ってしまうのは不思議でも何でもないのかも。


『哀しい予感』は、
とても素直な作品でしたが
小気味よくて魅力のある人物たちが
たくさん描かれていました。

自分のリズムがそうなのか、
なぜか切なさだけが突出してがんがん胸を打つので
読み終えたあとは、
自身のケアに努めようと思いましたが。


休みの週末に決まって降る雪に
ストレスたまっています。


どこか遠くへ行きたい・・・

image006.jpg


| よみもの | comments(0) |
ゆめみがち



仕事からの帰宅後、
慌てて帰宅したノリが響いたのか、
洗濯しながら掃除をガチャガチャやって、
ぐらぐらタワーになってた山積み漫画の片付けをしました。



漫画が好きなことは
もう周知でしょうが、
寝る前に読みたい漫画をひっぱりだしてきて
枕元に準備をし
二次元の世界に入ったまま
フェイドアウトして朝を迎える。

というのが日課のようなものですが。


そうこうしてると、
ベッド上部にある棚には
知らない間にコミックタワーが出来るのです。

だから、
違う部屋にある漫画棚へ戻してやる、という一連の流れを
定期的に行う必要があるのです。

限界まで粘るのは
悪い癖です。


そこで!

ついでに
電卓片手に
漫画の冊数をかぞえてみました。

こないだ、あるアンケートで
20代女子が持っている漫画の冊数1位が、
10冊以内だったもんで・・・。



脳内予想は
200でしたが。


改めて数字にしてみると

ふわぁ!

てなりました。


予想をはるかに上回る、
約800冊!!


一冊平均を450円とすると・・・
360000円です。

そう考えると
意外にたいしたことないか。

34年間の集大成と思えば
36万なんて頑張れば大人買い出来るレベルだなぁ。

なんて、ちょっとがっかり。

実家にあるのを足したら
かるーく1000冊越えですけど。


家を建てるときに重要視したい箇所がいくつかあるのですが、

壁一面に作り付けの本棚。(欲を言えば書庫つき)

これはマストです。

ぎっしりびっしり詰め込んで
囲まれながら
ワインのつまみにしたいです。


漫画で言葉を覚え、
人のあるべき優しさを覚え、
恋を覚え、
表現のかたちを覚え、

そして夢見がちな私が
出来上がった、とも言います。

でも正直な話、
物事をよく知らない私は
大人になった今でもたくさん教わることあり。


俗物のように捉えられがちですが
良いものもたくさんあります。

漫画に限らず
選ぶ目を持っていれば
踏み外したりはしないです。


老いぼれになり
旦那が先に旅立った暁には
商売として成り立つとは思えないので
年金頼りになりそうですが、
古漫画屋をしたいなぁって
思います。


目前の将来を見据えてないところが
夢見がちっていうことですよね。


| よみもの | comments(0) |
便利とかわいい


デザインについて。

私はデザイナーではないので
ミクロな部分まではわからないけど、
惚れ込んだものを
手中におさめた時の達成感とか
使っていて嬉しい、
というようなありきたりな感情は持っています。


こないだ、ある雑誌で
ソニアパークさんと
やまもとちえさんの対談の記事を読みました。

機能性を超えたところで惚れたデザインは
本当によいデザインじゃないか、

との言葉に
とても共感してしまいました。


確かに、今の世の中は
機能性の高いものがぐんと幅を利かせていて、
便利な物がなくてはならない生活になってしまっているけど
たまに
こんなに使いづらいのに
持ってるだけで嬉しくなる
と思うアイテムに出会います。

使いづらい事なんて
デザインに惚れてしまえば
苦ではないし、
むしろ頑張って使ってる行為にすら
愛着に似たような新たな感情が生まれてくる。


逆を返せば
機能性とデザインは共存させなければ
こんな思いも生み出さないのかもしれないけど。


もっともっと
機能なんか無視した
楽しくかわいいデザインの物、
あってもいいと個人的には思いますが
時代にそぐわない考え方なんでしょうね。

バブルでもないし
先進国ですし
利便性の追求に競わなけば生き残れない時代。


機能とデザイン、
兼ねそろえた物も今やたくさんあるでしょうけど、
どっちかを目をつむった時に
ほんとに選ぶのかなぁ。

それ最高!と単純に思って
結局、買うのですけど。

私、そうゆうユルイとこ、
あるんですけど。


物を選ぶことにも
信念を持てる人間になりたいです。

今そばにある電気ストーブは
チープな山吹イエローとクリームカラーの、
角張っててアナログなフォルム。
電気代かかりそうだし
なんていってもさほど暖かくない。

でも使ってることで満足な一品です。


| よみもの | comments(0) |
漫画焼き鳥屋
この頃、少年漫画をよく読みます。

とある焼き鳥屋の大将が貸してくれるのです。
少年の心をたっぷり持ち合わせた大将だからです。

そんなに頑張らなくとも歩いていける様な距離にある焼き鳥屋に
ここ2〜3年、しょっちゅう行きます。
歩いて行った事は無いけど。

もうチェーン店には行けなくなったくらい美味で、
大将の怪傑トークと貸し漫画というプラスアルファのオマケ付き。

BLEACH (1)
BLEACH (1)
久保 帯人

千本桜を受けてみたいです。
強い男はなんしかかっこいいです。


鋼の錬金術師 (1)
鋼の錬金術師 (1)
荒川 弘

少年漫画タッチではあるけど
人間の生きる意味などわりと深いテーマやメッセージ性がこめられている気がします。


ヒカルの碁 (1)
ヒカルの碁 (1)
ほった ゆみ,小畑 健,梅沢 由香里

佐為がいなくなった時、かなり感情移入していました。
もう一度、もう一度ー!!!と心の中で叫んでしまいました。


ジャンプの漫画は『スラムダンク』と『ピューと吹くジャガー』が主だったので
ある意味、新境地でした。

でも大人が少年の心を持ちすぎたら、悪にも変わる様な気がします。
| よみもの | comments(2) |